花粉症情報

花粉飛散の傾向

様々なメディアでも取り上げられていますが、スギ花粉の飛散量は前年の天候に大きく左右されます。
これはスギ花粉の飛散量が、前年の夏季の平均気温が高いほど増量するためです。そのためご存知の方は、猛暑が続くなかでも、暑さよりも来年の花粉が心配だった人も少なくないのでしょうか?
地域差はあるものの、全国的に少なく見積もっても昨期の3倍ほど、多いところでは10倍のスギ花粉の飛散増加が見込まれています。
一方で、飛散時期は元旦からの積算気温によって求められるため、寒冬の今期の飛散時期は例年よりも遅くなると見込まれます。

花粉症は国民病

スギ花粉、ヒノキ花粉が花粉症の代表格です。
地域による差はありますが、スギ花粉は2月から4月、ヒノキ花粉は3月から5月に飛散します。

 

中でもスギ花粉の被害は甚大ですでに日本の国民病と呼ばれています。
このサイトでは花粉症の予防や対策、飛散時期などの最新情報を発信します。